知っておきたい物流加工

物流加工サービスと包装について

物流加工サービスと包装について

物流加工サービスと包装について 何か物を売る商売をする場合は、物流加工業務というのは必ず発生します。
商品を包装してダンボールに詰めたり、ダイレクトメールを封入したり、宛名シールを貼り付けたり、また倉庫管理や検品、輸送など物流加工業務にはかなり手間ひまがかかります。
これらの業務を自社で行っている会社も多いですが、できることなら物流加工サービスを提供している会社にアウトソーシング化してしまった方がメリットが大きいです。
アウトソーシング化する最大のメリットは、固定費を減らせるということです。
自社の社員として物流業務に従事するスタッフを雇うと、そう簡単には人員調整をできなくなりますから費用が固定化します。
しかし、アウトソーシングをしてしまえば、自社で社員を雇う必要がなくなり、また人数調整なども楽にできるようになります。
つまり固定費を変動費化することができるのです。
これにより、よりフレキシブルな経営が可能になります。
物流業務が忙しい時はアウトソーシングした会社からたくさんのスタッフを提供してもらい、ヒマな期間になったら人員をすぐに減らしてもらうことができます。
自社社員では、このような柔軟な人員調整をするのは難しいですから、やはり外部化してしまうのが望ましいです。

物流加工サービスと包装の関係性

物流加工サービスと包装の関係性 物流加工サービスは、物流の拠点で様々な商品の加工することを行うサービスで、近年は物流会社の新しい事業の取り組みとして重要視されています。
物流の拠点は日本全国各地に存在する点があり、しかも広大な敷地を有しているケースも見られます。
仮に商品を全国展開させる上では、運搬料のコスト面などを削減する上では、現地でその物流加工サービスを行うことが望ましい点があるのも事実です。
しかも運送を行う中で、商品の包装を傷つけてしまうケースも多く見られ、そういったロスが必ず発生します。
もし仮にそういった敷地も確保でき、しかも物流加工自体もその場で行うことができるとロス自体が発生せず、運送を行う中で包装を傷つけてしまうリスクを回避することが可能です。
他に製造メーカーも包装作業自体をアウトソーシングすることで、経営資源を製造・開発分野をコアにできるとして望ましいです。
また商品の包装作業は簡易作業となりますが、それを物流の拠点で行って貰うことができれば、物流会社の敷地や人員の有効利用を可能とするものとして、物流会社との間にwin-winの関係を構築できます。
特に商品においては包装が重要視され、物流加工サービスはそのまま包装作業を行うことにも直結していきます。
つまり直接的な関係性を持つことで、新しい視点に繋がっていきます。

おすすめ物流加工サービス関連リンク

関東(千葉・茨城)/関西(大阪・三重)全15拠点の物流でサポートしてくれます。

市川 物流加工

Copyright © 2017 知っておきたい物流加工 all rights reserved.